おとなの教養としての生涯学習「おとなの環境学」通信講座をお届けします
「おとなの環境学」のウェブサイトへようこそ



「なぜ、いま、環境学を学ぶのか」



21世紀は、「環境の時代」と言われています。

しかし、私たちは、ふだん、環境に気を遣うことなく、豊かで快適な生活を享受しています。

すべての地球の人々が、日本人と同じ生活水準で暮らすと、地球は2.5個分必要になります。

これではとても持続可能な生活をしていると言うことはできません。

自分たちのこどもや孫の世帯に、ちゃんと、十分な資源や美しい自然を残してあげられるようにしたいものです。

そのためには、親である世帯が、ちょっと時間をとって、「環境学」を勉強し、正しい知識をつけることをおすすめします。

「おとなの環境学のすゝめ」



ただ、現実問題として、若い方々、主婦の方、中堅の世帯は、日々、仕事や育児などで大変お忙しいと思います。

そこで、ご提案したいのが、この「おとなの環境学」。

「おとなの環境学」は、現役大学教員が贈る、いつでもどこでも気軽に学べるおとなの教養を磨く『環境学』に関する通信講座です。

インターネットに接続できさえすれば、まとまった時間がとれなくても、通勤時間やちょっとした空き時間などを利用して、自分の好きな時間に勉強することができます。

「おとなの環境学」は、パソコンとスマホに完全対応しています。端末とネットがあれば勉強は今日からでも始められます。

また、「おとなの環境学」の通信講座には★有効期限がありません★。いったんご購入いただけば、講座は一生有効です。今はお忙しくても、暇な時間ができたときに読むことが可能です。

「信頼・実績のある講師で安心感を」



株式会社Nature & Science Consulting代表取締役と慶應義塾大学で特任助教を務める土光智子が、店長として、企画・運営しております。

慶應義塾大学の環境情報学部で教鞭をとっており、博士号を取得している人間が店長を務めていますので、教材のクオリティには信頼がおけます。

また、店長は、2014年に第14回環境情報科学センター賞を受賞しています。年1回表彰が行われる学会賞で、大変権威のある賞となっています。



おとなの環境学では、アフリカ大陸のサバンナに生息するブチハイエナのニヒルくん、ボタンインコのドロシーちゃんが、ワシミミズクのホォ先生とともに環境学を学んでいきます。

登場人物の3匹の会話をベースに物語が進み、物語を読むだけで、楽しく自分のペースで各回の講義内容を自習できるようになっています。





おとなの環境学は、全部で10回の講義で完結するシリーズの教材です。2015年7月1日から配信開始し、毎月1度、新しい講義を配信する予定です。




「ゆるく、楽しく、正確な知識を」をモットーにします。
※3匹のかけ合いがクセになる。おとなの環境学で読める​「環境マンガ」が新しい!イラストは、自然と小鳥をこよなく愛する『ときめく小鳥図鑑』著者の中村文さん。

■系統だった内容に基づいているため、複雑に絡み合っている環境問題の概観を短い時間で理解することができます
■3匹の会話ベースで講義が進むため、堅苦しいお勉強の時間にはならず、楽しく自習できます
■3匹のかわいらしい4コマ劇場やホォ先生の俳句が読めます
■環境学の王道的なトピックから最新の研究成果まで網羅していて、初心者〜中級者まで楽しむことができます
■数式を使わずに説明しています
■カラフルで分かりやすい図表を利用しています


私たちの住む星、地球に、いま劇的な変化が起こっています。
3匹といっしょに「環境問題のいま」を学んでみませんか?




  
Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス